電化製品

 皆様、お元気ですか?

先日、与作業に疲れたので水戸の御老公に会いに行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい芝生を見て、プレッシャーを感じるのは田舎者のせいでしょうか?

バリバリの超都会人ですが。。。

 

あ、一応、車屋さんの仕事もしています。

700

最近のクルマは電気製品みたいですね。故障すると、最早手も足も出せない場合があります。

アッセンブリー交換のみ。

これ、非常に厄介で、メーカーの陰謀と言うか、買い替えさせるための嫌がらせとしか思えません。。。車屋としてはお客さんに納得のいくカーライフを送ってもらいたいと思っていますが、例えば中古車市場の価格相場が60万のクルマで、40万の修理代が発生したりすると、御客様的にはモチベーションがダダ下がりするわけです。

どうせ最近のクルマの故障はセンサーがチョット壊れた程度で、そこの部分だけ変えればOKな筈なのですが、そこの部品が単体で出なくて強制的に周辺丸ごと交換&費用40万でコンピューターシステムで再セットアップしないと動かないって、、、

それ、家庭用の乗用車でそんな事やっていいんですかね?

ブガッティベイロンじゃあるまいし、、、。

古いアメ車の方がよっぽどタチが良いです。パーツ変えれば治りますから。

でも、電子制御された部品って、まだ寿命来ていないのに、コンピューターで勝手にギブアップさせちゃう。

それでエコだと。。。

確かに、適度に車が壊れて買い替えが進まないと儲かんないんでしょうが、

自動車メーカーがそんな商売の仕方しちゃダメだと思います。

 

自動車メーカーは、今非常に大きな転換期の中にあるわけでして、何かって、自動車メーカーとしてのアイデンティティの一つである内燃機の技術が不要化され始めている。

先日モルガンスタンレーが出したレポートによれば、内燃機自動車はイニシャルが安く、ランニングか高い特徴があるが、あと数年で電気自動車の方がイニシャルが安くなる。と発表しています。

 

つまり、あと数年で導入費用も維持費も電機自動車の方が安くなる。

たった数年で。

 

だから各社必死で開発競争に明け暮れている。

でも、上に書いたような故障が出るクルマは今後もう売れなくなる。

電化製品で、10年以内に故障が出たらクソだと思うでしょう?

今後クルマは電化製品バリの評価基準で評価されるようになると思います。

 

話変わりますが、

 

私の電話は、iphone6PLUSなんですが、画面は割れてるし、バッテリーは1日しか持たないわ、更には良く聞こえないという。。。もうゴミなんですが、本日、やっと8が予約可能になるので今からワクワクしているのであります。

 

今回、もう少し待てばXが買えるのですが、ホームボタンが無い、顔認証のデータの管理がどのようにされ、また利用されるのかが謎、そして何よりもう待てない。。。価格とか韓国製だとかはどうでも良いんですが、とにかくもう一刻を争う事態な程、電話の調子が悪い。

 

今回、appleウォッチの新しいのも出て、それが携帯電話機能搭載モデルなので、いっそのこと、アップルウォッチにしてしまおうかとも思いましたが、さすがに、ENGINEをやってなくても、車屋さんの仕事や、新しいENGINEを建てる仕事とかでやっぱり電話はマストだし、大事な道具なので、iphoneを買おうと思います。

 

で、自分のラッキーナンバーでもあるし「8」のPLUSを買おうと思っています。

 

海外に行く事も多いでしょうからアップルストアで買おうと、午前0時にアクセスしましたところ、まだみたいでした。。。

調べたら今日の午後4時1分に予約開始らしい。

 

夕方が楽しみであります。



間違えてはいけない

私、こう見えましても、出自はそんなに悪くないんで、新しいENGINEが出来るまでの間は、大人しくしてようと思ってるんですけど、どうも大人しくしていても世の中良くなるわけでもなさそうなので、たまには言わせてもらもうと思います。

 

 

最近のテレビのニュースでよく取り上げられている、加計学園問題。

 

あれって官邸側が悪いんですかね?

 

官邸が強引に主導したとか忖度とか言ってますが、その「官邸が主導する」って、10年前に全国民が望んで政権交代が起きて、その新政権が何年かけても出来なかった事ではないんですか?

 

私あの問題なんかどうでも良いと思っているのですが、あえて言わせてもらえば、他に獣医学部をやりたいと手を上げてた人なり学校はあったんですか?東京人としてみれば愛媛県みたいなミカンとタオルしかない県に獣医学部のある学校造ってやった方が地方の活性化に良いと思うんです。で、チョット調べてみると、どうやら今治市も開校に協力的だったみたいじゃないですか。

 

何そんなに揉めんのよ??

 

と思って考えてみたんです。

 

で、3秒で判りました。

 

あれは、文科省が、獣医師会との甘ーい関係というか、許可利権、つまり既得権益の破壊を嫌がって辞めさせられた援助交際おじさんまで国会に引っ張り出してやってる抵抗、悪足掻きなんです。しかも今の民進党の人達はヒマでおカネありませんから、「丁度良いや!」と文科省は思いまして、国民の税金使って1日何億も使ってどうでも良い事を国会でやってるんです。そうです。民進党と言うのは未だに官僚に使われるだけのアホタレ集団だという事です。

 

更に酷いのが報道する側の人達です。

ENGINEで散々マスコミの人達を怒鳴りつけたり、追い返したりして教育してきたつもりだったんですが、何であの人たちは深く物事を考えられないんですかね?最近のマスコミは前ほどお金もありませんし、国民や視聴者からの信頼もマスコミ有史史上、最低だと思いますが、それでもマスコミの使命「正しく伝えて、国民を正しい方向に導く」を忘れちゃダメですよ。そこだけは死守しなきゃ。

 

これね。批判じゃなくて、愛だからね。マスコミのお客様が多かったので、マスゴミとか私は言いませんから。もうちょっと頑張って仕事しろ!

 

で、

 

私、最近の日本で、もっと取り上げるべきは沖縄の基地移設問題だと思っています。

 

移設させない!国と戦う!

って、さぁ。。

ねぇ条約なんだから守ろうよ。

アメリカと約束したんだから。

移設するって。

条約を履行するというのは国として最低限の事ですよ。

これやめちゃったら隣の国と一緒ですよ。

それなのにマスコミは何故ハニートラップに引っ掛かった知事のほうこそ正義みたいな報道するんですかね?

この中国ハニートラップ、引っ掛かったの沖縄県知事だけではないんです。

オーストラリアにも食われた政治家がいます。

で、結果、オーストラリアの某港は今後99年間というか、事実上一生、中国の自由にできるようになりました。

 

沖縄でも同じことが起きようとしています。

沖縄から米軍に出て行って欲しいと一番願っているのは、沖縄の人達ではありません。

中国共産党の人達です。中国は日本なんかハナから相手にしていません。怖いのはアメリカだけです。そのアメリカが、海を挟んだ隣の土地、日本に居るのが超ウザイ訳です。だから、出て行って欲しい。それに協力しているのが、ハニトラ知事です。それにちゃんと調べないで報道するマスコミが沖縄の人達に「琉球国独立」みたいな妄想を抱かせている。沖縄は独立なんかできません、日本から離れたら中国になるだけです。沖縄の人達が中国人になりたいのなら仕方ないと思いますが、事実を知った上ではなく中国の思惑で作られた情報で間違った判断をしないでもらいたいです。

 

あとね、これも言わせてください。私的には、中国人の美女は本当に美しいの知ってますんで、知事やら政治家やらが引っ掛かるのは仕方ないと思っています。だって男なんだから。でも、問題は女にチョッカイ出した位でギャアギャア騒ぐマスコミとそれに何も考えないで○○砲とか言って喜んでるアホ国民なんです。これこそ中国の思う壺です。マスコミの中枢部とかスポンサー企業の金主とかに中国共産党の思惑を持って動いている人間が結構いるからこうなるんです。

 

落合信彦みたいな事ばかり書きましたが、ほぼ事実だと思いますよ。

とにかく一人一人の国民がシッカリしないといけませんな!

まぁ日本もバカじゃないんで、やられっ放しと言うわけでは無いんですけどね。

 

そういえば、昔、ブログで中国共産党の悪口を思いっきり書いたらENGINEのホームページ改竄されて中国語になっちゃったことあったな。。。今度のリニューアルではその心配が無いように中国語のサイトも作ろうかな。手間取らせちゃアレですから。



追悼 チェスター・チャールズ・ベニントン

 暑い日が続いてますね。

皆さん熱中症に注意してくださいね。

私も先日、与作中に心臓がドキドキして死ぬかと思いました。。。

あ、因みにアルコールは水分補給になりませんからね!

シッカリと水分補給をして体を冷やしてから夜街に繰り出してくださいね。

 

昨日驚きのニュースが入ってきました。

ENGINE推奨ドライビングサウンドでも御紹介しました、リンキンパークのボーカリストの、チェスター・ベニントンが死去したそうです。死因は自殺だそうです。

同年代の才能あふれる人が、自殺してしまうのはとても残念ですが、自殺するというのは普通の精神状態ではないでしょうから、本人にとって色々あったのだと思います。

 

ただ、私は身内でもなんでもなく単なる一ファンですが、残された人というのは何とも嫌な気分になるものです。なので、自殺というのは余りしてほしくありませんね。誰でもです。

 

でも、あれだけの成功を収めた人ですから周りにはわからない事が色々あったんだと思います。安らかに眠って頂きたいと思います。



進化論。。。

 色々整理をしていたら面白いというか、古い写真が出てきたのでアップしておきます。

 

ダイワハウスのCMポイかも。。。

でわ

 

私の進化?の軌跡であります。。。

いつぐらいでしょうかね。。。1980年代初頭だと思われます。

クルマは祖父の車でスカイラインです。ケンメリ時代ですね。

この車、子供ながらによく覚えてます。

父の運転で、ポルシェの930ターボを追いかけた時、こちらは全開でポルシェはアイドリングか?という位回転数が低かったのを強烈に覚えています。

当時の国産車なんて、今、旧車とか言って人気ありますが、はっきり言ってゴミでした。それを思うと、日本の自動車メーカーのこの30年程の努力は半端じゃありません。今じゃ、ポルシェより500万以上安いのにタメ線はれますからね!

 

日本人はもっと自信を持った方が良いと思います!

 

こちらは伊豆のサイクルスポーツセンターです。人生、初サーキットですね。。

ちゃんとイン側向いてるじゃないか!でもバンクが甘いな。。。

人生初動力車?これ見て稲中を思い出した方、多分私と同じ世代、同じレベルです。。

バブル前の子供の日。。。右奥の赤い車、パンダトレノですね。。

その後、こんな高い相場の車になるとは。。。豆腐屋すげえ。。。

 

中学生ですね。。乗ってる自転車は中学生が買えるようなものではありませんが。。。今でこそ自転車は大ブームですが、この当時は超マイナースポーツでして、パーツがいちいちバカ高くて、この写真の自転車で80万位でした。。。

多分、日本で初めてビンディングペダルを付けた中学生は私です。。。

これとは別にMTBも持ってました。春休みには一人で房総半島を一周したりしてました。今とやりたい事があまり変わっていませんな。。

清く正しく進化した結果、当然エンジン付きに。。。

こんなのも乗ってましたな。。VFR400、通称NC30!V4サウンドが最高でしたね。このバイク、チューニングしてたので、なかなかのジャジャ馬でした。直線でお尻を振ってしまう高校生に乗らせてはいけないバイクでしたね。

革パン履いてブーツ履いてますから多分女の子とデートだったんでしょう。。。

普段は、↓の様な感じでしたから。。。

これはカワサキのZZR400ですね。

因みに私、暴走族ではありませんでした。走り屋でも。

なんせ、当時から集団行動が出来なかったので、。。。

常に一人か、居ても友人一人を後ろに乗せて爆走してました。。

 

で、この後、免許は無くなりまして。。。

 

御蔭で車の免許を取った時、保留されました。。。

今あるバイクの免許は大人になってから取り直したものです。。。

 

この経験から学習ではなく、頭の後ろに目が出来る進化を遂げまして、現在、免許は累積0の綺麗な状態です。

 

まぁ、ハンティング始めて猟銃所持許可とかの維持にヤンチャな事は許されていませんので、一応大人になったという事です。ハンティングは人間を成長させますね??

 

そうそう!

意外かもしれませんが、昔乗ってた車の写真が1枚もありません。。。

それに気付いたのが去年の話でして、それから撮ろうと思ってますが、あまり。。。車屋でこういう人結構多いと思う。

 

では、また!

 



新しいENGINEに向けて動いています。

「細井よ、お前随分舐め腐った生活してんな??」とか言われそうなので、チョットだけご報告をば。。

 

最近、細井は何をやっていますか?というと、

 

新しいENGINEの準備でアメリカとやり取りしてまして、店を営業している訳でも無いのに、相変わらず夜中起きている生活をしています。NYCにいるENGINEの御客様にも、多大にご尽力いただいております。

 

日中は下の写真の様に与作業に精を出しております。

 

 

理由はいずれ皆様に説明しますが、これも準備の一つなんです。

 

さらに、後ろに広がっている畑は皆様に初公開となりますENGINEファームであります。今度のENGINEで皆様にお出しするフードの材料の一部を作っています。

私は自他共に認める超都会人ですが、凝り性の性分の御蔭か、我ながらJAも驚く中々の出来栄えでして、農家さん達に可愛がってもらえています。もっと腕を上げて御客様に美味しい物を食べていただきたいと考えています。って、何屋だ??

 

でも、これこそがENGINE流なのは御客様が一番ご存知の事でしょう。

まだ、細かい許可類が正式に下りていないので、発表が出来ませんが、皆様の御期待に応えられるように頑張ってまいります。

 

では、明日も与作なので、おやすみなさい。。。

 

 

 



細井の近況

 暑い日が続いていますが皆様元気にお過ごしですか?

ENGINEもそうでしたが、自宅もエアコン常時ONの細井です。

設定温度で妻とのバトルが絶えませんが、私にはリッチという味方がいますので快適に過ごしております。

そうそう、リッチも写真の様に大変元気にしております。

知らない人を見ると吠えまくる看板犬としては完全にアウトなリッチにもファンがいたのだから驚きです。店の電話に「今日リッチいますか?」という電話があった時にはわが耳を疑いました。。。

こんな変な顔した動物と意思疎通ができている事に日々驚きます。ペットの限界点ではないかと思っています。この先は野生でしょう。。。

因みにこの顔は一応リラックスした表情です。。。

 

さて、今日は閉店後の細井の近況を書きましょう。

文章全開だと読むのがツラいでしょうから写真多めで行きます。

ENGINE閉店後に細井がまず買ったのは、

 

これからヒマ人になるからゲーム野郎になろうと目論みまして即買いしました。

ところが、「龍が如く」を5日間徹夜でやってクリアした瞬間飽きまして、これはマズイとすぐ新しいゲームを買いましたが、全くハマらず、、5万近くしたゲーム機が1週間も経たずにゴミに。。。

 

で、そうこうしているうちに年が明けましてENGINEのあった場所を賃貸化しなくちゃいけませんから片付けと工事に突入しました。

 

ここからはENGINEの賃貸化工事の写真です。ENGINEロスト起こしている人にはちょっと衝撃的かも、。。

 

 

隠れENGINE号も大活躍ハンティング用に買った4駆のマニュアル

因みに施工者は私と親父です。

新しいENGINEも自分たちで造ります。

我家にはグリーンレーザーもあるのだよ。

リッチが警備、、、。

3月末に完成しました。

この入口、ENGINEの時よりもグレードアップしています。ステンレスの製作金物にバカデカいテンパーのペアガラスでエアコンの効きも前よりナイスです。

御蔭様でテナントさんもすぐに決まり気に入ってもらえたようで何よりです。

で、

ここまでは工事があったので暇つぶしになって良かったのですが、問題はここからでした。

ヒマなのでやる事はまず

 

 

絶好調でENGINEの御客様達と飲み倒していたんですが、皆さんバリバリの現役の人達ですからそんな暇じゃありません。。。

 

じゃあと思った時に丁度?ウチの定価60万オーバーのGE製バカ冷蔵庫が壊れたので自分で直すことに。何でこんなバカデカい冷蔵庫がウチにあるかって?ENGINEやるにはこれ位ないと話にならんのよ。。

 

中央部分の丸の中にあるファンが経年劣化で渋くなってたんで、アメリカに発注して何と驚きの3日のスピードで手元に届き、交換して完了。アメリカ製品は単純構造ですから壊れてもすぐ直るのがいいですな。実は我家の家電は全て洋物なんですが、他のヨーロッパ物は壊れると手も足も出ません。バラスのすら困難です。国産も同じですね、ヨーロッパも国産もエコを謳ってますが、こうやって直しながら使う方が本当の意味ではエコだと思うんですけどね。。。

 

で、冷蔵庫もすぐに直っちゃったんでまたヒマに。。。

そうだ!ラーメン博物館に行きたい!(??)

行った。。感想無し。

釣りにも行った。

ヒラメを捌いて、

食べた。

一応、元飲食店オーナー。

話題のスポットにも行ってみた。

G6の蔦屋。

ついでに鉄板焼きにも行ってみた。

 

猟友会からお食事会のお誘いがあったので喜び勇んでかけた。

ENGINEの近所のKOJITOさん。こちらのオーナー夫妻も狩猟をやってらっしゃるのです。

カワイイので買おうとしたら、御客様から「それだけは止めといた方が良いよ」と言われ諦める。意外と安くて50万で買える。優しい目をしてますな。

 

しばらく洗えていなかったモーターホームを洗う。

暫く走らせてなかったので発電機が不調になり、キャブをばらして洗浄して復活。

ついでに給油。。ハイオクを入れた。。130Lも。。。

毎度、この手のクルマに乗ってて思うのが、スタンドの店員のホクホク顔がムカつく。。

 

そうだ!

キャンプしよう!

ENGINEモーターホーム部の御客様登場!

レーザー光線とキャンプファイヤーでお出迎えしました。

真冬でもキャンプできるのがモーターホームの良さなのですが、寒かろうが何だろうが外で飲む酒とつまみは最高です。

蝋燭一つでまーオシャーレ!

調子に乗ってデカいのも出した!

おおーおーーおーーーおーーー

ゴージャスです。テーブル上のコンロにはつまみのアヒージョ。

厳しい気候に膨大な燃料とハイテクで立ち向かうENGINE流キャンプ。

 

さて、以上ざーっとこの数か月の生活をお送りしました。

こうやって写真で見ると凄い楽しそうだし、実際楽しいんですが、やっぱり根っからの商売人である私には飽きてしまうんです。というのも、この生活にはDUTYが無いのよ。

遊びの喜びってのは、DUTYがあって初めて際立つんですね。

今回、図らずも一足先に老後の生活みたいなものを体験してしまいましたが、御客様から利害関係なく会ってお話を聞けたり、新たなENGINEに向けてのモチベーションが上がったりで自分にとっては良い充電になったと思っています。

新しいENGINEに向けての計画は着々と進んでいて、暫くしたっら発表できると思います。約10年のENGINEの営業で得た経験と、この充電期間で得た御客様達の思いをもとにパワーアップしたENGINEになると確信しています。

 

次回のブログは久しぶりに時事ネタか、

朝礼用の御要望もありますので、どっちかを書きます。

 

 



ENGINE is reborn

 皆様、ご無沙汰しておりました。

前回の更新でブログの再開をお伝えしてありましたが、このブログを読んでくださっている皆様の生きるヒントにでもなればと、五月病が発生しやすいこの時期に再開をさせていただきます。改めまして宜しくお願い致します。

 

 

ENGINE閉店後の4か月間の細井の行動については面白いというか結構バカなので次回お話しするとして、再開一発目のブログは「ENGINE is reborn.」ENGINEは生まれ変わるです。

閉店のお知らせをした前回のブログの直後としては如何なものか?とお叱りを受けそうですが、題名の通り、

 

ENGINEは生まれ変わります。

 

突然の思い付きで言っているのではありません。

実は5年前から動いていた計画なのです。

3年前のこちらの記事をご覧ください。

富士山の写真の下に、小っちゃく書いてあります。

「ENGINEロッジを画策中」と。

3年も前の話。普通ならお蔵入りネタですよね。

ところが私の場合違うんです。

私は一応、小さいながらも会社の社長ですから、やると言ったらやるんです。

ただ、小さい会社で従業員も少ないですから、一気に全て事が運ばないし、運べないんです。

そもそも麻布でやっていたバーENGINEも、開店までに10年かかりましたから。

今回のENGINEはそれに比べればまだ早い?んです。

 

ただ、新しくやるにしても、麻布でENGINEをやりながらでは、納得のいくサービスを提供できないので、やるかどうかを、実は凄い悩んでいたんです。

 

私は1オーナー1店舗主義ですのでやるなら麻布のENGINEを閉めなくてはならない。

でも、廻っているお店を閉めて、わざわざ新たに投資をして成功するかどうか判らない店をやるというのは、経営者として中々痺れるというか、かなりのチャレンジです。というか、普通はあり得ません。若さをちょっと失いバカさだけが残っている私ですら躊躇していました。10年前だったら悩まなかったと思います。でも40歳という年齢が、自分のリスク許容量を下げていて、踏み切れない日々が続いていました。

まぁ、「ENGINEらしくなかった」わけです。

そんな中、事業継承の話が来て、家族会議の結果、後期高齢者の親達から見れば麻布のENGINEだってリスクだと言われ、不覚にも妙に納得してしまった自分がいたんです。

確かに、車屋と飲み屋ですから客が来なければゼロどころかマイナスですし、昼夜逆転生活による健康リスクなどを思うと、それもご尤もだと思いましてENGINEをやめて不動産賃貸業を継ごうと決心したんです。

 

で、ENGINEのあった場所は賃貸物件化しようという事になりまして、今年の頭からENGINEの解体工事を始めて3月に竣工し、ありがたい事に、先月めでたく新テナントさんが入居となりました。

 

で、これからは不動産賃貸業を頑張ろうと思ったんですが、不動産賃貸業は満室になってしまうと、基本、あまりやる事が無い。。。細かい事、例えば郵便受けのカギが壊れたから直すとか、共用部の掃除だとか。。。まぁボチボチやる事はありまして週によっては毎日動くこともあります。週によってはね。。。

 

ですがその程度の仕事量など、私にとって、今までの生活に比べれば米粒どころか砂粒一つにすらならない量でありまして、根っからの貧乏性もありまして、早々に仕事量が少ないこの生活に飽きてしまった。。

 

それでもって、力が有り余ってしまってどうにもならない。。

 

何か、充電完了!みたいな感じ。。

 

 

ENGINEの閉店後、街場やホテルのバーとかにENGINEの御客様と一緒に飲みに行ってみたりもしてたんですが、どうもしっくりこない。御客様からは「次は何やるんですか?」とか、「本当に引退するんですか?」とか「いい店だったのに。。」と言われまくる。

 

正直、お店を閉めてセミリタイア状態に入り、人生に勝った気になっていたのですが、どうも何かが違った。

 

極め付きが、あるお客様のこの一言

「いずれ会社たたむけど、今いるお客さんから来る発注は断らないつもり。」

 

この一言を聞いてハッとしました。

 

ENGINEの御客様たちはバリバリの現役ビジネスファイター達で、僕はそんな彼らにパワーを提供しようと、こちらも負けじと朝晩仕事の気合の364日営業で鼓舞してきた。

それこそが自分の会社の創業の精神「御客様の人生のENGINE(原動力)になる。」その物だったからです。

それを、自分の独断でENGINEを誰にも相談なく閉めてしまった。

これが、今一つ自分の中でシックリ来てなかった理由だと気づきました。

 

しかしですよ、麻布ではあれ以上のENGINEは、もう出来ないとも思っていました。なので、麻布のENGINEを閉店させたことについて、全くの後悔はありません。

 

実は、麻布という町はとても特殊で、近隣の権利主張が強い。

皆で楽しくやっていたあのBBQ、ほぼ毎回、当日又は後日にクレームが来ていました。それだけではありません。初期の頃やっていたプールが出来なくなったこと。煩いとか路上に吐瀉物があるとか。。。110番通報をされた回数も半端じゃありません。警察の方が「何か近隣トラブルでもあるのですか?」と心配して電話をくださったことさえあります。

幸い、きちんと法令を守り、許認可もしっかりと受けた上で営業をしていましたので、業務停止命令などを受けたことはありませんでしたが。お互い気持ちの良いものではありません。全く、世知辛い世の中です。

 

その結果、ENGINEとしてやりたくてもできない事が一杯あった。

 

それで、もっと理想のサービスを提供するための場所を探そうと5年位前から用地の取得にむけて動いていたんです。そして実は、2年前にその用地は取得済みでした。

でも、先述した様々な葛藤や迷い、呪縛で、実行に移せないでいました。

 

麻布のENGINEを閉めた今、そんな葛藤はもうありません。

しかも、今の私は結構ヒマで、力も有り余っています。

 

よーーし!やるぞ!

 

と、いう事で現在、既に動き出しております。

詳細は開店前にお伝えします。

そんなわけで、改めてお伝えいたします。

 

ENGINEは生まれ変わります。

もっとパワーアップして、

リミッターカットして、

もっとバカになって帰ってきます。

 

来年の4月、皆様に再びお会いできるのを楽しみにしております。

 

次回は私のここ4か月の近況報告をば。

 



バー営業終了のお知らせ

バーENGINEを御利用頂いていた皆様へ 

 

平素は格別の御高配を賜り厚く御礼を申し上げます。

さて本日、私より皆様に大事なお知らせがございます。

弊社が2007年より運営を続けて参りましたバーENGINEを、2016年12月をもちまして閉店させて頂く事に致しました。閉店の理由は、私の実家の家業である不動産賃貸業の業務を遂行する為と、業務時間を昼間にシフトしていきたいという考えからです。尚、自動車部門につきましては今後も営業を続けて参りますので引き続き御贔屓の程、宜しくお願い申し上げます。

(このブログをどうするかは検討中です。)

このブログにつきまして、継続する事に致しました。近々更新開始予定です。(2017年4月)

 

バーENGINEは「御客様の人生の原動力(ENGINE)になる。」を創業の精神として、元々高級建築を得意とするゼネコンに勤務していた私が、その経験とコネクションを総動員して、店舗設計ではなく建築設計の仕様で綿密に設計し、ブラジリアンウォールナットをはじめとする最高の材料、また当時はまだ珍しかったLED照明やマイナスイオン、レーザー切断等の最先端の技術を駆使し、そして最高の施工チームで店舗を完成させました。

専用電源を引くラックスマンのアンプにB&Wのスピーカー、グラスはドイツのツヴィーゼル社製をメインに採用し、ハウスシャンパーニュをボランジェにするなど、路地裏にあるバーとしては驚く程のハイスペックでスタート致しました。

開店当時、1箱(6本入り)のボランジェを恐る恐る仕入していたのを思い出します。創業当時はボランジェは今ほど有名なシャンパーニュではありませんでしたが、その後、御客様からボランジェは大変ご好評で、最高で1日に26本も出たことがあります。恐らく10席のバーでは世界一ボランジェを売っていたのではないかと思います。BBQも随分沢山やりました、焼き肉ではなくステーキでやるというアメリカンスタイルでグリルもアメリカから気合のハンドキャリーで持ち帰るというアホぶりでした。その流れで釣りに凝りだし、34フィートのトローリングボートを買ってしまったり、今度はジビエだと御客様と一緒に猟銃の所持許可を取りハンティングの免許まで取りました。ジビエバーを目指せと、カクテルをやめ、高級なウイスキーをメインとするラインナップにしたり、更にはお店を女人禁制の男の聖域(Man Cave)にするなど、バー経営としては、まぁ、本当に放蕩の限りというか、遊び人を地で行くというか、無駄や楽しさこそが正義だとばかりに独自の路線を突き進んでまいりました。

不定休を謳いながらも、結構な勢いで営業をしていましたし、ENGINEがお休みの日も、クルマの仕事をしていたり、旅行という名の出張をしていたりと、私がここ10年ろくに休みもせず、仕事を続けて来る事が出来きたのは、宝石の様なお酒と車に囲まれて幸せだったからです。それにサラリーマン時代の安月給に対する自分なりの猛烈なアンチテーゼもあったのかもしれません。なので、お店でも「働いているうちは貧しい」と御客様や従業員にもよく言っていました。

この10年で私も歳を取り、考え方も大人になったと言いますか、色々な御客様たちと出会ったりお話をしていくうちに、「何の為に働くのか?」とか「幸せとは?」という人間の根本と言いますか哲学的な事を考えるようになりました。

この10年間、本当に色々な事がありました。ハウスシャンパーニュだったボランジェ社よりボランジェアンバサダーに任命された事。開店当初より御贔屓にしていただいている御客様の経営する会社が、東証1部に上場された事。御客様の決断の後押しをして、結果上手く行き喜んでもらえた事。ハンティングとの出会い。妻、リッチとの出会い。沢山のメディアにも出させて頂きました。

また、世の中の経済情勢は荒波の如くで、開店した瞬間にリーマンショックが来たり、火山噴火や大地震などの災害、為替の乱高下や中国経済の急成長による仕入れ価格の高騰等、様々な困難がENGINEを襲いましたが、個性豊かな若い従業員達と一緒に、持ち前のバカさと若さ、無駄に強い自信とモチベーションで楽しんで営業してまいりました。開店から3年で9割の飲食店が閉店すると言われる中、10年も営業を続けてくる事が出来ましたのは、ひとえにENGINEを愛してくれた御客様の御蔭です。本当にありがとうございました。

元々、ENGINEを開店する時から、何れこの様な形で閉店するつもりではありましたが、今回の私の決断に驚いておられる方も多いと思います。ただ、考えてみれば私も今年で40歳になり、また両親の高齢化もあり、次のステップに進む時期と致しましては今が適切だと判断いたしました。「閉店前にお別れ営業をやって欲しい。」という御客様からの御要望も承っておりますが、私の考え方、生き方としましては、「引き際は格好良く潔く」ですので、今後バーを開ける事はもうありません。

「最後に酒場に行け。悩みを抱えた者が最後にたどり着く場所。」「酒場とは、人が出合い語り合い、新しい何かを発見できる場所。」という箴言がありますが、それはバーのオーナーである私にとってもそうでした。それは、「人と比較しないで生きる事の大切さ」だったり「結果や理屈だけでは語る事が出来ない人の人生」だったり自分のお店から学ぶ事も沢山ありました。

 

ENGINEが無くなっても、ENGINEを御利用頂いた皆様全員の人生のENGINEは、決して消える事はありません。どこかのバーで、「昔、麻布にこんなバーがあったんだ。」なんて語っていただければオーナーとしてこれ以上に嬉しい事はございません。バー文化を次世代に引き継ぐという使命は私だけではなく、全てのバーユーザー共通の使命です。皆様も是非それを御理解いただき、これからの素敵なバーライフを楽しんで頂きたいと思います。

 

10年間、私は全身全霊、全能力、自分の持てる力の全てを注いでENGINEを経営してまいりました。これからの私は、以前よりも少し時間ができますので、妻とリッチと2人1匹で人生を楽しんでいきたいと思います。

 

最後になりますが、今までENGINEを御利用頂きました全ての御客様、勤務してくれたスタッフ、そして自分のお店ENGINEに深く御礼を申し上げまして、バー営業終了のお知らせとさせて頂きます。

 

長い間、バーENGINEを御利用頂き誠にありがとうございました。

 

平成28年12月吉日

ギャラリーボブ株式会社 

代表取締役 細井哲郎

 

 



汚い物を綺麗にして成長する。

12月になりました。

後数週間で2016年が終わります。

 

3年前、私は日本が2016年頃にバブルといいましたが、チョット遅れていますね。まぁでも日本がバブルのは近いと思いますよ。しつこいですが、私の予測では日経平均は4万円までいきますからね。

最近は、世界中の先進国で経済の停滞感が蔓延しているらしく、日本ではアベノミクスは続行中だしついでにアメリカでもトランプノミクス(トランプショックと言っていた連中は本当にアホです。)が始まりそう(厳密には来年の9月まではオバマ予算ですが。)で、その様子はまるで経済版日米同盟のようです。一部では日本にはもう成長要素は無いという言い方をする人達もいますが、そりゃ発展途上国に比べれば、道路も鉄道もありますからそこまでではないにしても、豊富なインフラや資本があるからこそ出来る成長もあります。また、世界では実践されているのに日本ではまだ手付かずの領域もあります。

 

その一つが、統合型リゾート、所謂カジノ付きのショッピグモールだったり温泉だったりです。

日本でまだ建前上、存在しない業種です。この新しい産業を日本で誕生させようというのです。

誕生させるというと実際にはパチンコや競馬、競艇、競輪、宝くじ、サッカーくじ等々既に日本にはギャンブルは存在していますから、いまいちピンと来ませんが、合法的に課税する。と言われるとシックリきます。課税が出来ると言う事は売上げが発生する事ですから、経済的にはプラス要素です。つまり、新たな成長領域を造ろうという事です。

 

その為にはIR法案を国会に通さなくてはいけないのですが、それに反対している輩がいる。

ギャンブル依存症が増える。と彼らはいっていますが、本当に上辺だけしか語らないダメな人達だなと思います。イギリスやアメリカで既にこういう上辺政治はもう要らないと結果が出ているのにまだ言っています。本当に日本の事を考えていっているんでしょうかね?

 

私がこのIR法案が日本に必要だと思う一番の理由は、日本に成長領域を与えるからですが、何故か?というと、成長=国内生産=税収増大だからだけではなく、ブラックマネーが消えるからです。日本は既にギャンブル王国で野球選手も逮捕されたりしている。IR法案が通れば所謂裏カジノの撲滅につながります。また法案が施行される時に、既存のパチンコ店等をその法案に合致させるようにすれば、パチンコ店からもしっかり税徴収が可能になります。何故かというと、国が認めた業種ですから日本の銀行が融資をしやすくなり、結果、帳簿がオープンになるからです。

私はゼネコン時代、パチンコ店を数店担当しましたが、全部が全部、世間で言う「パチンコ=朝鮮人」ではありません。確かにあちらの国の人達は多いですが、それには理由があります。

それは、日本の銀行が開業資金を融資しなかったからです。パチンコ店を開業するには建築工事とシマ工事(パチンコ台関連工事の事)あわせて最低5億円位はかかります。5億円をキャッシュで用意できる人はあまりいません。ところが、朝鮮系の銀行は融資をしたのです。また朝鮮では、家族の中に優秀な人がいると一族でお金を集めてその人に託したりする文化があります。結果、あちらの人が多くなったのです。そして、融資を受けていませんから、第三者が認めた帳簿がない。つまり、税金を取り損ねている可能性があるのです。

これらの問題が、IR法案が通れば解決する可能性があります。ゴルフも温泉も課税しているのにパチンコ等のギャンブルに課税できていない今の現状、絶対にダメです。ギャンブルだけではありません、風俗だってそうです。実際に日本には既に存在しています。規制するのではなく課税するのが正解だと私は思います。飲む、打つ、買うは人類の三大娯楽です。楽しく遊んで納税する。外国からの御客様に納税して頂く。そのお金が日本の社会保障や経済対策、安全保障に使われる。大いに結構な事じゃないですか。

 

これに反対する人達というのは、やはり怪しい筋からお金を貰っているかなんかで、この法案が通ると不都合な人達でしょう。または、本当に上辺しか考えない偽善者馬鹿かどちらかではないかと私は思います。まぁ、世の中これ以外にも明るみに出ていないお金がいっぱいあるでしょうから、それらを丁寧に掘り起こしてクリーンにするだけでもGDP成長率に少なからず影響すると思います。何が言いたいかというと、日本にはまだまだ成長要素があると言う事です。

 

 

 

 

ENGINE  
THE MAN CAVE 

2016年1月より女性のお客様の御入店には、男性のエスコートをお願いしております。
※御客様のゲストの場合や、ハンターの方は除きます。
ハンターの方で、初めてENGINEにお越しの際は、猟銃所持許可証の提示をお願い申し上げます。 
===============================================================
bar ENGINE
(南麻布 バー エンジン @ 古川橋 みずほ銀行裏)
東京都港区南麻布2-10-17
TEL:03-6427-0911
E-MAIL:
info@gallerybob.co.jp

WEBhttp:// www.gallerybob.co.jp



終わりは始まり。

 今年もあと1月余りで終わります!

いやぁー実に早い。年々、加速しています!(な訳ない。。)

さて、今日どうしてもブログに書きたい事があるので、書いておきます。

どうってことはありませんが、私にとってちょっと大事な事。。

 

それは、

 

「鬼平犯科帳」が28年の放送を12月2日、3日の最終回をもって終える事です。

 

はぁ!??

 

と思ったあなた。聞いてください。

私は、子供のころから老人と同居で、小学生の時は、時代劇を全制覇し、爺さんから太平洋戦争の事を聞くのが好きで、毎月読んでいた雑誌は、コンバットマガジンと、GUNマガジンたまにシーパワー、そしてニュートンを購読。学校から帰ると、塾に行くか、塾の無い日は水戸黄門か、大相撲、又は国会中継と、ちょっと変わったというか、、、完全に老人小学生でした。

 

そんな私が大好きな番組、吉右衛門の鬼平が終わってしまいます。

 

何故か昔からテレビ関係者の知り合いが多かった私は、エキストラで出たいと何度かお願いしたことがありましたが、「顔が目立つからダメ。」と言われ、結局実現することなく終わってします。

何ゆえにこれほど鬼平が好きなのかというと、鬼平は、時代劇としてはストーリーが、やや複雑で、所謂、勧善懲悪じゃない所が良いのです。しかし、それ故に実は、鬼平はガチンコの年寄にはあまり人気がなかったんです。

ですが、時代劇の基本要素である義理人情はしっかりと吉右衛門が表現してくれていて、また、池波正太郎の食の描写が良いのです。その食も日本人は当時から鴨などのジビエを食べていたんだと気づきます。また、主人公の長谷川平蔵は火付盗賊検方(ひつけとうぞくあらためがた)の長官で、その部隊は現代でいえば、警視庁の組織犯罪対策課の強行犯係が法務大臣直轄でやってるみたいな感じですから結構楽しい。考えてみると、時代が変わっても人間そんなに変わらないなとも見れる、本当に面白い、あらゆる角度から見て楽しめる素晴らしい作品だったと思います。

 

鬼平の魅力は私如きが語れるほど浅いものではなく、見れば見るほど時代背景も踏まえて良く練られた物語進行で、見る者のハートをガッツリと掴む泥臭さだったんじゃないかと思います。

本当に通好みの素晴らしい時代劇でした。

 

今年は、こち亀も終わり、鬼平も終わる。

ENGINEは10年目になり、細井は初老になった。

時代は動いてます。

でも、人間の基本的な部分はこれからも変わる事は無い。

ENGINEも変わらずにお客様と共に、ストレートなENGINE魂で新しい時代を突き進んで参ります。

 

12月2日、3日はモチロンENGINEでも鬼平!

 

ENGINE  
THE MAN CAVE 

2016年1月より女性のお客様の御入店には、男性のエスコートをお願いしております。
※御客様のゲストの場合や、ハンターの方は除きます。
ハンターの方で、初めてENGINEにお越しの際は、猟銃所持許可証の提示をお願い申し上げます。 
===============================================================
bar ENGINE
(南麻布 バー エンジン @ 古川橋 みずほ銀行裏)
東京都港区南麻布2-10-17
TEL:03-6427-0911
E-MAIL:
info@gallerybob.co.jp

WEBhttp:// www.gallerybob.co.jp



Twitter
Profile
Links
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Other
Mobile
qrcode
Advertisement

BABYROOM 新橋